科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > ガン遺伝子が記憶の長期化に関与

2020.03.27 研究・成果

ガン遺伝子が記憶の長期化に関与

長年にわたって覚えていることと、すぐに忘れてしまうことがあり、時間がたっても忘れないようにするためには、記憶の長期化というプロセスが必要になる。アルツハイマー型認知症などによる記憶障害は、記憶の長期化に最初に問題が起きることが多い。
東北大学生命科学研究科の市之瀬敏晴助教(学際科学フロンティア研究所兼担)、谷本拓教授らのグループは、MAPKというガン遺伝子の働きが、記憶が長期化されるときに促進されることを発見した。さらに、脳内分泌物質ドーパミンが、そのスイッチを入れる役割を果たしていることを突き止めた。MAPKや、ドーパミンを受け取る遺伝子が抑制されたハエは、記憶を長期化することができない。今回の発見は、神経細胞でのMAPKの働きと、その制御機構を明らかにしたといえる。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール