科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「大学の個性伸長 研究力向上への道」英独と論文で比較

2020.04.03 国際 大学等

「大学の個性伸長 研究力向上への道」英独と論文で比較

日英独の論文数を見ると、日本の上位大学の論文数は英独より多いか同程度であるが、第2グループの大学(10~50位)の論文数は英独よりも少なく、分野別で見ても上位の大学は固定されている。科学技術・学術政策研究所(NISTEP)の調査で、こうした状況が明らかになった。日本には英独と比べて論文数規模の小さい大学が多く、それらの中には特定分野に強みを持つ大学も多いことから、各大学の個性を伸ばすことで日本の研究力を向上させていくことが求められている。
3カ国の大学を論文数のシェアで4つに分類すると、第1グループ(4・5%以上)は、日本4校、英国4校、ドイツ1校、第2G(1%以上~4・5%未満)は、日本13校、英国26校、ドイツ37校、第3G(0・5%以上~1%未満)は、日本27校、英国13校、ドイツ12校、第4G(0・05%以上~0・5%未満)は、日本140校、英国58校、ドイツ25校となっている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール