科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「第6期基本計画に盛る政策目的 各種指標に分解して進捗管理」CSTIが方針

2020.10.16 政策

「第6期基本計画に盛る政策目的 各種指標に分解して進捗管理」CSTIが方針

ある政策目標に対して、ある施策を実施したら、こういう結果になったので、政策を廃止・縮小・変更・拡大・強化する。当たり前のことだが、それを客観的データに基づいて、総合的・俯瞰的に実施することは難しい。総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)は、来年4月から始まる第6期科学技術・イノベーション基本計画に盛り込む政策目的を各種指標に分解した上で、施策をひも付けて、それぞれの施策の進捗管理を行う方針を決めた。
第5期科学技術基本計画では、40歳未満の大学本務教員数、女性研究者の新規採用割合、総論文数に占める被引用回数トップ10%論文数の割合、企業、大学、公的研究機関のセクター間の研究者の移動数、大学および国立研究開発法人における企業からの共同研究の受入金額など、8つのKPIを設定して、各省が様々な施策を実施してきた。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール