科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > コラム・素領域一覧 > 素領域一覧

素領域

科学新聞の1面に掲載している『素領域』全文と、Web限定コラムをお読みいただけます。

2022年10月28日号 素領域

最近、メタバースという言葉を多く聞いたり目にしたりするようになった。調べてみると、インターネット上に構築された3次元の仮想空間の世界のことである▼その仮想世界の中で、自分の分身であるアバターを操作し、現実の世界と同じように活動させることができる。他人のアバターと交流する。ゲームや買い物、観光などができ、土地を買って家を建てることもできる▼機器としてはゴーグルのようなヘッドマウントディスプレイを使用…

2022年10月21日号 素領域

「人生100年時代」という言葉をよく聞くようになった。これを実現している100歳以上の長寿者を「センテナリアン」と呼ぶ。日本では2022年現在、なんと9万人を超えたという。しかも、そのうちの2割に当たる人が自立した生活を送っているそうで、そのことに驚きを覚える▼長寿者には、何か生活の傾向があるのだろうか。日本の大学での研究で、その一端が明らかになってきた。このような人たちの特徴として、認知機能が高…

2022年10月14日号 素領域

今年は残念ながら日本人のノーベル賞受賞はならなかったが、9月に第32回イグ・ノーベル賞の発表があった。同賞はImprobable Research社が主宰し、「人を思わず笑わせ、そして考えさせてくれる」なんらかの研究を行った個人やグループを対象に毎年選考される。受賞者には賞状とトロフィー(PDF:自分で工作)、10兆ジンバブエドルが贈られている。もはや恒例となった感があるが、今年も日本人が受賞。こ…

2022年10月7日号 素領域

岸田文雄首相は2日に京都で開かれたSTSフォーラムで「イノベーションの源泉となる人への投資を含む基礎研究力を強化するとともに、価値観を共有する同志国と連携し、国際頭脳循環を促進します」と話した。研究力の低下が指摘されている中、こうした姿勢を日本のトップが示したことは大きな意義がある▼STSフォーラム(科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム)は、故・尾身幸次・元科学技術政策担当大臣によって200…

2022年9月30日号 素領域

2006年に科学技術・学術政策研究所が「忘れられた科学-数学」を公表してから、数学関連の研究プログラムが立ち上がり、WPIでも数学と他分野の融合拠点ができた。数学協働プログラム、数学アドバンストイノベーションプラットフォームなどで拠点形成も進んだ▼しかし、05~07年と16~18年の数学と数学関連分野の論文数を見ると、世界トップレベルを維持しているものの、各国の伸びが著しく、6位から9位にまで相対…

2022年9月16日号 素領域

インターネットの普及・発展に伴い急速にデジタル化が進む一方で、紙媒体の衰退が激しい。長く親しまれてきた新聞でさえ、今や1世帯当たりの購読部数が0・57部(2021年:日本新聞協会調査データ)という状況だ▼同調査データによれば07年にはまだ1・1部あったが、翌08年には0・98部と1部を切り、以降も減少を続けている。新聞に携わる者として、明るい未来はないのかと寂しい気持ちになってしまう▼しかし、そう…

2022年9月9日号 素領域

誠に残念というより、何か大きな虚しさを感じざるを得ない。米ニューヨークの国連本部で約1カ月にわたって行われていた核不拡散条約(NPT)の再検討会議のことである。一カ国の反対で決裂し、最終文書を採択できなかった。その一カ国とは言わずと知れたロシアのことだ▼ロシアといえば、半年前に、弟分的な国と思っていたウクライナが西側(自由主義国)のNATOに入ろうとしたことから、「気にくわない」と一方的に攻め込ん…

2022年9月2日号 素領域

第8回アフリカ開発会議(TICAD8:8th Tokyo International Conference on African Development)が8月27~28日にチュニジアで開催された。同会議は日本政府が主導し、1993年から国連、国際開発計画、世界銀行、アフリカ連合委員会との共同で「アフリカの開発」をテーマに開催されている国際会議で、アフリカでの開催は2016年にケニアで開始されて以…

2022年8月26日号 素領域

理研の雇い止め問題に端を発して、全国の大学・公的機関で約3000人が今年度末には解雇されることが明らかになっている▼改正労働契約法により、任期付き雇用は5年を上限として、5年を過ぎた場合には常勤雇用の権利が労働者に与えられることになった。ただし、研究者の仕事は5年で成果を出すことは難しいため、例外として10年間という猶予が与えられた。その最初の適用が今年度末だ▼民間企業では約5年前、同じことが起こ…

2022年8月19日号 素領域

今年も猛暑の夏が来て、8月15日の終戦の日を迎えた。長引くロシアのウクライナ侵略戦争、台湾を包囲した中国の実践さながらの軍事演習という緊迫した世界情勢の中、今年は何か不安を感じる中での一日だった▼その日の前後には、過去の日本の侵略戦争を反省する記事や番組が、ウクライナ侵略と重ねるように新聞やTVで報道された。どうして人は戦争でなく、話し合いで解決できないのか▼悲惨な出来事を繰り返すたびに人々はそう…

2022年8月5日号 素領域

先日、目的のものを手に入れようと、ある量販店に行ったまではよかったのだが、あまりにも商品の数が多く、結局買わずじまいに終わってしまった▼読者の中で同じような経験をした人もいることだろう。『選択の科学』の著者として有名な米コロンビア大学の先生は、選択肢が増えすぎると人は動けなくなると指摘している。人間は何かを検討するとき選択肢の情報を脳にインプットすることでエネルギーを使う▼そういった場面に臨むと、…

2022年7月29日号 素領域

厚生労働省は8月1日から9月30日まで、労働災害防止に向けて事業場・企業で行っている、通常視覚的に捉えられない危険性、有害性を「見える化」して効果的な安全活動につなげた事例を募集する「令和4年度『見える』安全活動コンクール」を実施している。応募した事例は「あんぜんプロジェクト」Webサイト(https://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/)に掲載され、11月から…

2022年7月22日号 素領域

時間があったので東京ビッグサイトで行われた医薬品・化粧品に関する専門技術展「インターフェックスジャパン」をのぞいてみたら、旭化成のブースで面白いものを見つけた。水分子しか通さない膜でできたチューブに液体を循環させ、その周りで塩水を循環させることで、液体を濃縮するという装置だ。浸透圧を使うという原理も装置の構造もシンプルだが、医薬品の製造過程で必要となる濃縮作業が、加圧・加熱せずにできるため、各社か…

2022年7月15日号 素領域

暑い夏が今年は平年より相当早くやってきた。6月の気温では統計史上最高を示した地域が多かった。気象庁が7月1日に発表した「6月の天候」によれば、それでも上旬は涼しかった▼上旬の平均気温は北日本でかなり低く、東日本で低かった。西日本と沖縄・奄美では平年並みだった。しかし、その涼しさは下旬には嘘のように一変した▼各地で6月下旬としては異常な暑さとなった。太平洋高気圧に覆われて暖かい空気が流れ込みやすかっ…

2022年7月8日号 素領域

仕事上で、何らかの評価を下すことの難しさはやればやるほど思い知らされる。それが人物の評価となるとなおさらである▼参考にしたいのが「ゲイン・ロス効果」である。心理学の世界で有名な用語で、もともとマイナスの印象を抱いていた後にプラスの材料が示されると、そのギャップによってプラスの印象を強く受ける、もしくはその逆の効果のことだ。アメリカの興味深い実験でそれが実証されている▼実験者(サクラ)は、自分が持つ…

2022年7月1日号 素領域

6月末から夏の太平洋高気圧が北への勢力を強め、北海道を除き梅雨前線は活発にならなかった。気温の上昇も著しく、東京都心では観測史上初めて6月に2日連続の猛暑日を記録した▼続く暑さの影響で6月27日には東京電力の管内で初めて「電力需給ひっ迫注意報」が発令。同注意報は資源エネルギー庁が前日時点で電力の広域予備率が5%以下となる見通しの場合に前日16時を目途に出されるもので、3%以下の見通しの場合は警報に…

2022年6月24日号 素領域

専門家同士がお互いにプライドを持って評価しあうピアレビューの仕組みは、科学研究において最も重要であり、学術研究システムの根幹をなすものだ。ピアレビューは、研究費や人事、学位などの審査や論文の査読などで活用されており、その健全性こそが科学に対する社会からの信頼を担保している▼先日、福井大学の教員が論文査読者である千葉大学の教員とやり取りをし、論文への指摘に手心を加えたという事案が発覚した。本来、査読…

2022年6月17日号 素領域

ロシアのウクライナ侵攻による戦争が長引いており、エネルギー、食料、経済など世界的に影響が出始めている。戦争の長期化はさらなる新たな摩擦を引き起こし、何かをきっかけにしてより拡大へ向かう心配もぬぐい切れない▼日本は第2次大戦で敗北し、戦後の新憲法の下で他国との戦争をしない国になり、平和で豊かな国として発展してきた。1945年の終戦以降に生まれた人は、筆者もそうであるが戦争を全く体験していない▼総務省…

2022年6月10日号 素領域

今、西之島に火山学者や動植物学者が熱い視線を送っている。西之島は東京の南約1千㌔㍍、父島の西約130㌔㍍の太平洋上に位置する無人の火山島だ▼2013年の噴火前までは、島の東南海面下に旧火口があったが、その西方海面下に出現した新たな火口から噴火したことで旧火口は埋め立てられた。環境省が16年10月に行った上陸調査結果などによると、鳥類ではアオツラカツオドリが定着しているとみられるほか、渡り鳥のアトリ…

2022年6月3日号 素領域

沖縄気象台は5月4日に梅雨入りを発表した。昨年より1日早く、平年より6日早い梅雨入りとなった。5月末に日本気象協会が発表した予想によれば、関東甲信の梅雨入りは6月上旬だという▼梅雨時期は土砂災害をはじめとした災害が増加する。昨年7月には東海地方・関東地方南部を中心に停滞した梅雨前線の影響で、これら地方では記録的な大雨となり、静岡県熱海市で土石流が発生した。それだけでなく雨は交通事故も増加させる。首…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 18

THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール