科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 仙台湾のヒラメ 生活史異なる2集団存在 脊椎骨椎体のコラーゲン分析で判明

2021.04.30 研究・成果

仙台湾のヒラメ 生活史異なる2集団存在 脊椎骨椎体のコラーゲン分析で判明

総合地球環境学研究所研究基盤国際センターの加藤義和研究員(現在は名古屋大学大学院環境学研究科研究員)と陀安一郎教授、水産研究・教育機構水産資源研究所の冨樫博幸主任研究員と栗田豊副部長らの研究グループは、仙台湾に生息するヒラメには、成長に伴って浅瀬から沖合に移動するタイミングや生息場所の好みが異なる2集団が存在することを明らかにしたと発表した。脊椎骨椎体のコラーゲンに含まれる炭素と窒素の安定同位体比を分析することでわかった。水産資源の有効な保全や活用につながる成果と期待される。
魚類の成長に伴う移動や餌などの生活環の解明は、水産資源の保護や適切な活用に不可欠と考えられている。これまでこうした魚類の移動履歴は、タグなどをつけた個体を放流して再捕獲したり、小型の発信器をつけて追跡するテレメトリー法を用いたり、耳石の各種元素分析を行ったりすることで明らかにされてきた。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール